新型うつ病のあれこれ【皆でつくろう患者をサポートする協力の輪】

悩む女性二人

それぞれのタイプ

笑顔の医者

近年増加してきているといわれている新型うつ病は、大きく分けて3つのタイプに分けられます。気分が上がったり下がったりする、自己中心的になるなど新型うつ病に見られる症状もあるのですが、新型うつ病のタイプによって現れる症状は異なります。新型うつ病に悩まされているという人や新型うつ病かもしれない人が周りにいるという人は、一度きちんと確認しておくとよいでしょう。
では、新型うつ病のそれぞれのタイプには一体どういった症状が現れるのでしょう。ここで紹介します。

まず、新型うつ病には「逃避型抑うつ」というタイプがあります。逃避型抑うつは、20代後半から30代前半の人に発症することがあるうつ病のタイプです。逃避型抑うつは、朝は体調が悪く午後になるにつれて体調が回復していくという点が特徴の新型うつ病で、ずっと抑うつ状態が続くうつ病とは異なっています。逃避型抑うつという名前にもあるように、このタイプの新型うつ病の人は物事をすぐに諦めてしまうことがあり、仕事や学校などやらなければならないことに対してもやる気が湧かない状態となってしまいます。
乗り越えなければならないことから逃げてしまうことがこのタイプの大きな特徴となっています。

次に、現代型うつ病があります。このタイプのうつ病は若年層の人などに多く見られるといわれています。現代型うつ病の症状は今までのうつ病よりも症状が軽いため、なかなか周りの人に気づいてもらえないことも多くあります。症状も、仲間意識などがない、仕事に熱がないなどその人の性格的な問題に捉えられてしまうような症状であるため、一目で判断するということは難しいでしょう。
また、この現代型うつ病の特徴として、仕事などには熱がないのに趣味や自分の好きなことには別人のように積極的に取り組むという点があります。こうした点から、単に仕事にやる気がないだけだと思われてしまうことも少なくありませんが、それは現代型うつ病の症状かもしれないのです。

最後に、未熟型うつ病があります。未熟型うつ病は、人に対して依存するという症状が現れる新型うつ病で、似たようなものに依存症の関係嗜癖が挙げられます。この嗜癖は人との「関係」に依存する依存症タイプなのですが、他者にも影響を与えてしまうという点においては共通している部分があるといえるでしょう。未熟型うつ病になると、自分を受け入れて欲しいという願望が強くなり、誰かに依存したくなってしまいます。そして受け入れてもらうことによって自分が心のなかに抱えている不安などから目をそらすのです。逆に相手に受け入れてもらいたいと思っているのに受け入れてもらえなかった場合は攻撃的になるという傾向があります。未熟型うつ病になってしまうきっかけとしては、なにか仕事で失敗してしまったりプライベートで苦労したことがあったりすることなどが挙げられます。こういったことをきっかけに不安や焦りなどが生まれ、上記のように依存してしまうようになるのです。

このように、新型うつ病のタイプにはさまざまなタイプがあります。新型うつ病を疑っている人は、一度チェックしてみてはいかがでしょう。