新型うつ病のあれこれ【皆でつくろう患者をサポートする協力の輪】

悩む女性二人

具体的な症状

頭を抱える男性

若者を中心に患者が増えてきている新型うつ病は、具体的にどういった症状が出るのでしょう。
新型うつ病に見られる症状としては、まず「朝起きることができない」という点があります。低血圧であるなど朝起きられないケースはほかにもありますが、新型うつ病の可能性もあるため、こういった症状がある人は見逃さないようにしましょう。また、ほかの症状として「疲れが抜けない」といった症状があります。体に常に怠さや疲れを感じる場合、新型うつ病である可能性があります。こういった症状はきちんと睡眠が取れていないことなどでも表れるため、必ずしも新型うつ病だと断定することはできませんが、「睡眠時間は十分とっているのにこういった症状が出る」という人は可能性もあるでしょう。さらに、新型うつ病に見られるほかの特徴としては「自己中心的な発言が多い」といった点もあります。この点に関しても性格的な面などが関係するため上記と同様すぐに決めつけることはできませんが、新型うつ病を発症している人はこういった発言などが多い傾向があります。そのため、一つのチェックポイントとして知っておくとよいでしょう。

このように、新型うつ病に見られる症状はいくつもあります。しかし、そのどれもがすぐに新型うつ病だと判断できるものではないので、自分でも周りの人でも自分がうつ病なのか判断できない場合もあるでしょう。
しかし、ここで挙げたような症状がいくつか当てはまる場合は、その可能性があるということも考えておくとよいでしょう。

新型うつ病は、病気の分類としては精神疾患に分類されていますが、医学的には脳の病気だといわれています。実際に、感情を司る部分なども脳にあるため、人が考えている気持ちなどは全て脳で考えられていることなのです。そのため、新型うつ病を改善するためには脳に対してアプローチをする必要があります。うつ病や新型うつ病などの精神疾患を専門に見ている病院やクリニックでは、こうした病気を改善するために磁気刺激治療などの治療を行なっています。これらの治療は脳に対してアプローチをする治療で、実際に脳の活動を活発にさせることができます。

新型うつ病かもしれないと悩んでいる人や、新型うつ病に当てはまる症状が出てきている人は、一度専門の病院に診てもらうことも考えてみてはいかがでしょう。
早期に治療を行なうことで早く改善させることも可能です。そのため、病院へ受診することも考えの一つとしておくとよいでしょう。