新型うつ病のあれこれ【皆でつくろう患者をサポートする協力の輪】

悩む女性二人

若年者を中心に増加

悲しい顔をしている女性

人が発症する病気にはさまざまなものがありますが、そのなかには「うつ病」もあります。うつ病は現代社会で増えている病気の一つで、若い人から年齢を重ねた人まで実に幅広い年代の患者がいます。
今現在の社会はストレス社会ともいわれるほどストレスが溜まりやすい社会となってしまっています。ストレスを生む原因はさまざまで、自分の生活や周りとの人間関係、仕事など色々な場面で生じます。そうして出てきた悩みがストレスとなってその人の心にずしりとのしかかっているのです。軽いストレスなら、自分の好きなことをしたりいつもとは何か違うことをすることによって解消することができます。しかし、そうした解消が追いつかず、ストレスが溜まり続ける一方であった場合、体は次第にバランスを取れなくなってしまいます。その影響が身体的・精神的に現れ、体調を崩してしまうのです。

うつ病も、そうしたストレスによる影響から発症してしまう病気の一つで、現在症状を発症している人は多く存在します。最近は、そんなうつ病のなかでも「新型うつ病」といううつ病を発症する患者が増えてきており、病院でも新型うつ病の治療が行なわれています。
では、その新型うつ病とは一体どういったうつ病なのでしょう。

新型うつ病とは、気分がよい状態と悪い状態が交互に訪れることが特徴のうつ病で、比較的20代や30代といった若年層の人に発症することが多いといわれています。上記でも説明したように、新型うつ病は気分の良い時、悪い時が交互に訪れる病気なのですが、具体的に例を挙げると仕事や学校などのときに体調が悪くなり、休日などは気分が良くなるなどが挙げられます。新型うつ病のことを知らない人がこういった様子を見ると、「仕事や学校の時に調子が悪くなるなんて都合が良すぎる」、「ただサボっているだけ」などと思うでしょう。しかし、これは仮病ではなく、新型うつ病の症状なのです。

このように、仮病やサボりだと勘違いされてしまうことも多々ある新型うつ病。こうしてきちんと理解されていないために、苦しんでいる人も多くいます。
新型うつ病以外の病気にもいえることですが、病気を発症している本人が病気を治療するためには、周りの人がきちんと病気のことを理解し、サポートしてあげる姿勢を取ることが必要不可欠です。
本人の治したいという意志があるのはもちろんのこと、こういった周囲の人の協力も新型うつ病克服のためには大きな力になります。